A5スポーツバックは買いなのか

(Last Updated On: 2010年1月24日)

アウディA5スポーツバック 2.0TFSIクワトロ(4WD/7Stronic)は、車重が1710キロもある。
2リッター直4DOHC16バルブターボ(211ps/4300-6000rpm、35.7kgm/1500-4200rpm)が1710キロを引っ張る。

ボディはA5のフロントマスクただ、4ドアとなったことで、実質A4セダンとなんら変わらない。
インパネはA4とほぼ共通。
メルセデスCクラスに対するEクラスのように、A4よりも上位位置しているとは、素人には判断できないだろう。
そこにA5のアドバンテージを見出すとすれば、クーペと同じフロントマスクにつきる。
リヤのハッチバックについては、セダンに比べてメリデメがあり、これは好き嫌いの問題だろう。
トランクスペースは480Lと突出して大きいわけではないが、セダンとして見れば、平均点を与えられる。
スポーツバック=5ドアのハッチバックセダンは、A4セダンとは違った使い勝手とスタイリングは購入ポイントの一つになる。
スタイリッシュ4ドアクーペというアウディの狙いは予想通りだろうか。
問題はただ一つ、それは価格だ。
2.0 TFSI クワトロ_RHD_4WD(AT_2.0) 価格はなんと5,920,000円2リッター直4ターボでこの価格は、なんとも言えず高い。
A4の2.0 TFSI クワトロ_4WD_RHD(AT_2.0) が4,950,000円を考えるとプラス100万の付加価値が感じられないのが残念だ。
バブル期、マツダ車で、ユーノスやオートザムなど同じボディの使いまわしで、微妙にスタイリングを変えた車があったことは、ご存知の方も多いだろう。
A4とA5にスタイリング以外のクオリティの差は一切感じられない。
まさに、ネーミングだけで、上下関係を付け、価格的な100万アップ。
BMWでは、3シリーズのクーペとセダンでは、ボディパネル的には大きな差があるが、
エンジンやインテリアに大差ない。よって、価格的に大差ないのだ。
国産車でいうと、スカイラインのセダンとクーペで大幅な価格差がないのと同じなのである。
A4に対する、A5とは、エンブレムチューンと錯覚してしまうのは、私だけだろうか。
アメリカの価格を参考程度に見てみよう。
4.2 FSI® Prestige with six-speed Tiptronic® transmission and quattro® $ 59,300
アメリカでは、A5スポーツバックの投入はまだのようで、S5クーペを挙げてみる。
プレステージのモデルは、最上位モデルである。
よく日本車と外車は装備内容が違うから価格も違うのだ・・・などと言う方も多いが
装備的には、遜色ない。
1ドル93円で換算してもS5クーペはV8-4.2Lの最上級グレードで552万円。
一方、S5でない、素のA5で2リッター直4モデル、エントリーモデルが、592万円。
なんとも日本のプレミアム・ブランド志向・・・そのままの価格設定ではないだろうか。
景気悪化に伴い、販売台数減の輸入車の中で、健闘しているアウディ。
その中で、ボッタクリの価格設定と、販売台数増・・・笑いが止まらないとは、この事かもしれない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)