NEW Benz CLS debut

(Last Updated On: 2010年10月10日)


2010年10月パリ・ショーでデビューを飾ったclsです。
高級ラージサイズ・クーペとして、先代のキープコンセプトということで、尻下がりなデザインを踏襲。
この尻下がりデザインは、過去、日産レパードJフェリーで日本市場では、散々な評価でしたが、北米市場では支持されるようです。
どちからというと、セダンとしての使い勝手よりも車高の低い4ドアクーペが評価されているのでしょう。
SL系グリルは大型化、テールランプもインパクトのある形状となっています。
ボンネットの厚みも増したように感じますが、横から見るとローアンドワイドなスタイリングが強調され優雅に見えます。
2代目となるCLSは、初代のデザインに磨きをかけ、LEDのライトなど最新のデザインにリニューアルしています。
日本市場向けには、ガソリンエンジンのラインナップとなり、新開発の3.5L-V6/306HPと4.7L-V8ターボ/429HPが用意される。
アイドリングストップや7Gトロニックプラスも標準装備する。
2011年1月からのEU投入ということで、日本は、やや遅れて秋ごろでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)