VWがポルシェ買収へ 2011年に完全統合

(Last Updated On: 2009年7月24日)

ってニュースです。
経緯
1.ポルシェはVW買収で、VWの51%の株を取得
2.上記により、約1兆2,150億円の債務を抱える
3.債務が経営を圧迫したため、買収に失敗
4.VWは、ポルシェに逆買収を提案し、結果、逆買収となる。
まあ、詳細は他のニュースサイトをご覧頂くとして、
世界的な不況が訪れなければ、
ポルシェの買収は成功していたかもしれない。
少なくとも不況が、債務を圧迫する状況となるとは、
予想していなかっただろう。
PorscheのVW買収,欧州委員会が承認・・・というニュースは、2008年7月の事。
それ以降、一気に不況が加速し、企業の屋台骨を揺るがす事態に。
VWは、運がいいのか、商売上手なのか、VWグループは、
ランボルギーニに加えて、ポルシェも配下に収める事になった。
こうした事態は、VWにとっては良い半面、
個々のブランドにとっては、部品の共通化によるコストダウンが、
インテリアにも反映してしまい、安っぽくなってしまった部分もある。
今後、EUメーカー内でも提携や統合が進んでいくと思われるが、
目に見えない部分でのコストダウンを優先して欲しいものである。
カーエレクトロニクス関係でのコストダウンや共通化は多いに結構であるが・・・。
VWのオープンモデルは、2012年の登場予定だが、完成度は高そう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)