VWゴルフ「インポート カー オブ ザ イヤー-2009-2010」

(Last Updated On: 2009年11月3日)

VWのゴルフがインポート カー オブ ザ イヤー-2009-2010を受賞したのは、喜ばしいことである。
第30回目を迎える日本カー・オブ・ザ・イヤー
(日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会主催)
※:日本カー・オブ・ザ・イヤーに国産車が選出された場合、  最終選考会において最高得点を獲得した輸入車に対して与えられる賞。
受賞の理由は、「ゴルフ」が
「小排気量エンジンに2種類の過給装置を組み合わせ、独自開発のトランスミッションとの相乗効果により、燃費と快適な走行性能を両立。自動車として本来望まれる機能と喜びを与えてくれる」
点が高い評価を受けての受賞となります。
とのことである。
街中でもちらほら見かけるようになった新型ゴルフ。
丸めのテールランプは個性的だったが、好き嫌いが分かれた先代に比べると、現行型は、スクエアな感じもあり万人受けしそうな気もする。
シングルフレームで無くなったフロントグリルは、先代の方がインパクトがあったと思う。
ということで、先代→新型での個人的な好み
グリル:×
ライト:○
テール:○
という感じだろうか。
東京モーターショーでは、輸入車の陰は無くお寒い状況だったが、ゴルフの姿があったのでパチリ。
やはりモーターショーは国産車だけでは味気がない。
輸入車あってのモーターショーではないかと思う。
入場者数は、前回の半分レベルだろうか。
さて、GTIのホイールはインパクトがある。
ライト、テールランプともにサイドに回りこんで大型化され表情豊かである。
自動車不況は今後も続くが、その中でもVWは新車効果と、カーオブザイヤーの相乗効果で、さらに販売台数を伸ばしていくことに期待したい。
200910%20119.jpg
200910%20120.jpg
200910%20121.jpg
200910%20122.jpg
新車時価格:366万円
全長x全幅x全高 4210x1790x1460mm
ホイールベース 2575mm
211ps 6200rpm
28.6kgm 5200rpm
1400kg
と魅力的なスペックが並ぶ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)