VW share No1

(Last Updated On: 2010年10月11日)

フォルクスワーゲンの輸入車販売台数、日本ではシェアナンバーワンで、トップを快走している。
2010年上半期の販売台数は、以下の通り。
1.VWゴルフ:15642台
2.VWポロ:6146台
3.メルセデスEクラス:5616台
4.BMWミニ:5480台
5.BMW3シリーズ:5356台
VWとしては、エコカー減税に適合するポロ1.2Lモデルの投入が大きいだろうか。
反動で、その後は大きく落ち込む可能性大だが。

他のドイツ車よりも安めの価格に設定されたVW車でさえ、
国産車の同クラスに比べて価格は、かなり割高なイメージだろうか。
コストパフォーマンス、スペック的に国産車と比べて、かなり甘い点を付けないとドイツ車が上回る点は、少ないだろう。
国産車乗りからすれば、割高な価格に価値を見出す事が出来なければ、それはボッタクリでしかない。
輸入関税はゼロ。輸入係る運送コストも微々たるもの。
諸外国の販売価格がネット上で容易に参照可能となった今、外車の価格神話を形成してきた伝説は、崩れ去った。
残るは、ブランド価値・・・である。
国産車に飽きたユーザーが外車に流れる。
ポロやゴルフは、価格的200万円台からと、ヒットする要素を備えている。
今後、アウディやBMWも200万円台のエントリーモデルの拡充が予定されている。
そんな状況でも200万円台のラインナップが厚いVWの座は揺るがないだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)