コイン洗車場が激減の理由とは

バブル期前後は、コイン洗車場が至る所にあり、皆さんも利用した方が多いのではないでしょうか?一方で最近では、洗車場が激減しています。その理由を解説します。

利用率の減少要因

そもそも新車販売台数が減った

オーナーの高齢化も進み、洗車場に行ってまで洗車する方が減った。
洗車場で洗うような、セダンやクーペの販売台数比率も激減し、RVが主体となった。

ガソリンスタンドの簡易洗車の機能向上

ソフトブラシなど、傷が付きにくいブラシの採用により、洗車場よりも簡単に行えるようになりました。

コーティング実施比率が増加し洗車回数が減った

新車時のコーティング実施や、耐久性の向上により、洗車回数がそもそも減った。

経営者側の利益率減少

https://www.webcartop.jp/2020/05/528368/

以下、引用ですが、これは当初からあった問題で、衰退理由ではないでしょう。

  • 利用客は土日に集中する
  • 天気に左右されやすい。天候の悪い2月や6月は売り上げが落ちる
  • 周辺の住民から汚水、騒音などによる苦情が多い

 なお、洗車場は廃業したあと、土壌汚染により土地の再利用ができない(土壌消化の費用がかかる)こともネックになっているともいわれているが、洗車場は特定有害物質を使用する施設に当たらないので、土壌汚染対策法第3条による土壌汚染調査の対象になることはない。

他の用途へ転用しやすい事情も衰退の理由かもしれません。

回転率が低い

これは、まだ混んでいる時の話ですが、洗車スペースの空き待ちという場所もあったのではないでしょうか?
洗車ノズルでの洗車やふき取りスペースでのワックス掛けなど、長時間スペース占有も発生します。
時間あたりの単価も低そうです。

激減の根本原因

洗車場は無人である以上、下記の問題が一番ではないかと思います。

  • 有料のコイン洗車以外に、無料の水道水も設置されており、この水を大量に使用する不届き者も無視できません。
  • DIY利用や友人同士による、長時間の駐車スペース利用の問題
  • 上記に伴う治安や騒音の悪化
  • 廃棄物の違法放置などの問題

まとめ

自宅洗車スペースが有った方でも洗車場を利用していた方も多かったと思います。
以前、利用頻度が多かった方も、愛車の利用環境の変化により、洗車そのものが優先度が下がった事が、最大の理由ではないかと思います。

愛車BMWの過去に発生したリコール対象車を調べる方法とは

自動車における「リコール制度」とは国土交通省の制度

「リコール制度」とは、欠陥車による事故や公害の発生を未然に防止するために、その旨を国土交通省に届け出て、お客さまのお車を無料で修理させていただく制度です。

自動車の構造、装置または性能が自動車の安全上、公害防止上の規定(道路運送車両の保安基準)に適合しなくなるおそれがある状態、または適合していない状態で、原因が設計または製作の過程にある場合に、その旨をメーカーあるいは輸入会社が国土交通省に届け出て、自動車を無料で修理するのが「リコール制度」です。

さらに「改善対策制度」とは

保安基準不適合状態ではないが、安全上または公害防止上放置できなくなるおそれがある、または放置できない状態で、原因が設計または製作の過程にある場合に、その旨をメーカーあるいは輸入会社が国土交通省に届け出て、自動車を無料で修理する制度です。

BMW Japanのホームページで車両番号を入力するとリコール対象車か検索できます。

リコール対象車か検索する方法とは

車検証をご用意ください。
車検証に記載されている車台番号(17桁)から該当するリコール等情報を検索できます。
下記のリンク先から車台番号を入力して[Search]ボタンを押すと検索結果が表示されます。

http://bmw-japan.jp/after-service/recall_search.html