コイン洗車場が激減の理由とは

Car Wash 自動車全般

バブル期前後は、コイン洗車場が至る所にあり、皆さんも利用した方が多いのではないでしょうか?一方で最近では、洗車場が激減しています。その理由を解説します。

利用率の減少要因

そもそも新車販売台数が減った

オーナーの高齢化も進み、洗車場に行ってまで洗車する方が減った。
洗車場で洗うような、セダンやクーペの販売台数比率も激減し、RVが主体となった。

ガソリンスタンドの簡易洗車の機能向上

ソフトブラシなど、傷が付きにくいブラシの採用により、洗車場よりも簡単に行えるようになりました。

コーティング実施比率が増加し洗車回数が減った

新車時のコーティング実施や、耐久性の向上により、洗車回数がそもそも減った。

経営者側の利益率減少

続々廃業にクルマ好き涙! いまコイン洗車場が減少しているワケ
コロナ禍でクルマを動かすことも増え、三密を避けてできる「洗車」でもしようと思う人も多いだろう。だが探せどコイン洗車場がみつからない……そう、コイン洗車場がいま減少しているのだ。クルマ好きの憩いの場でもあったコイン洗車場が減っている理由とは? 解説したい。

以下、引用ですが、これは当初からあった問題で、衰退理由ではないでしょう。

  • 利用客は土日に集中する
  • 天気に左右されやすい。天候の悪い2月や6月は売り上げが落ちる
  • 周辺の住民から汚水、騒音などによる苦情が多い

 なお、洗車場は廃業したあと、土壌汚染により土地の再利用ができない(土壌消化の費用がかかる)こともネックになっているともいわれているが、洗車場は特定有害物質を使用する施設に当たらないので、土壌汚染対策法第3条による土壌汚染調査の対象になることはない。

他の用途へ転用しやすい事情も衰退の理由かもしれません。

回転率が低い

これは、まだ混んでいる時の話ですが、洗車スペースの空き待ちという場所もあったのではないでしょうか?
洗車ノズルでの洗車やふき取りスペースでのワックス掛けなど、長時間スペース占有も発生します。
時間あたりの単価も低そうです。

激減の根本原因

洗車場は無人である以上、下記の問題が一番ではないかと思います。

  • 有料のコイン洗車以外に、無料の水道水も設置されており、この水を大量に使用する不届き者も無視できません。
  • DIY利用や友人同士による、長時間の駐車スペース利用の問題
  • 上記に伴う治安や騒音の悪化
  • 廃棄物の違法放置などの問題

まとめ

自宅洗車スペースが有った方でも洗車場を利用していた方も多かったと思います。
以前、利用頻度が多かった方も、愛車の利用環境の変化により、洗車そのものが優先度が下がった事が、最大の理由ではないかと思います。

(Visited 171 times, 1 visits today)

コメント